レーシックと免許証の書き換え

2012-10-29

レーシックは最近では当たり前の手術になりつつありますが、

ここで気をつけなければいけないのが、

免許証の更新手続きです。

こういった細かいこともかなり変わってくるのですが、

免許書の場合は視力の測定が義務付けられ、

視力が一定よりも低い場合は眼鏡使用となるわけです。

この場合も矯正視力には規定があり、

その水準を超えられなければ、免許の交付はされないのです。

そのため視力が回復できるレーシックを受ける人は多くいるわけですが、

免許証を眼鏡使用から書き変えなければいけないのです。

そうしておかなければ、何かあって免許の提示をする場合に

メガネを使用していなければ、違反行為となってしまうわけです。

これは交通事故などの場合も同じです。

メガネをかけていなければ、当然もめる原因にもなり、

いらぬ不利益をこうむることにもなるわけです。

こういった交通事故に弁護士の存在は、欠かすことができないものにもなってきています。

免許証の更新ミスなどは明らかな過失ではありますが、

事故の損害に関しては、当事者同士よりも

弁護士同士などの話し合いになることも多いからなのです。

せっかくレーシックで視力を回復したのならば、

他の要素で不利にならないような手配もきちんとしておくべきなのです。

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。