衛生環境を考えたときのレーシックやネイルスクール

2012-11-05

ここ数年来、目に見えないような細菌などを考える話題が増えたと思っています。

それは、見えるようなものが、実はそこまでの恐怖の対象などではなく、

実態が自分の目で見えないものこそ、恐怖の対象なのだということだと思っています。

暗い場所であったり先のわからないものは、とても恐怖感をあおりますから。

レーシックなどの不安感もそうです。

視力はよくなるが、それ以上に衛生の問題が指摘されたりしています。

その原因は無資格医療などもあったりしていますが、

それ以上に予後の指導の問題もあったりするわけです。

レーシック自体の問題というよりも、信頼できるところを

選ぶ必要の問題であったりするわけです。

これはなにもレーシックなどの問題だけではありません。

ファッション的にも当たり前になりつつある、ネイルケアなども同様の問題を抱えています。

施術者の技術不足もさることながら、知識不足もあります。

資格もこれといったものが必要ないために、趣味の範囲から独立する人もいます。

国家資格でなくともネイルスクールなどに通ってとった資格を提示してあるということは、

全くないよりも安全だということになるのです。

衛生的な問題などは、個人的な勉強だけではクリアできない部分もあるからです。

ネイルの勉強はしても、細菌や衛生の勉強は畑違いの勉強で軽く流しかねないのです。

 

 

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。