レーシック手術の失敗は群馬で交通事故に遭うよりも確率が低い!?

2012-11-10

視力を矯正する「レーシック手術」ですが、興味は持つけれども

実際に怖くて手術を受けられないという人も多いようです。

レーシックは、レーザーを当てて角膜を削り、

目の屈折率を矯正して焦点を合わせる手術です。

一番の心配は、手術に失敗して失明しないかという点が挙げられると思いますが、

失明したという症例は今のとこありません。

ただし、残念ながら、手術の成功率は100%とは言えないのです。

手術後、感染症を引き起こしてしまった、ドライアイになってしまった、

視力が元に戻ってしまったというケースが稀にあります。

レーシックは、安全な視力回復手術と言われていますが、

このようなリスクも頭に入れておかなければなりません。

手術を考えている人は、病院選びを慎重に行い、

信頼出来る病院で手術を行うようにしましょう。

料金が安いからなど、簡単な気持ちで病院を選ぶのは危険です。

手術が失敗することがあるとは書きましたが、ほぼ99%は手術に成功しており、

人生で交通事故に遭う確率よりもずっと低いのです。

そう考えると、不安もだいぶなくなりますよね。

確かにリスクはありますが、成功した時のメリットは非常に大きいのがレーシックです。

眼鏡やコンタクトに頼らなくても日常生活を送れるというのは、非常に魅了的ですよね。

群馬に住む知り合いは人生で3度も事故に遭っており、

「交通事故に群馬で遭う確率より低いって言われても説得力がない」なんて言いそうですが。

 

 

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。