見えることへの何を選択するか。

2012-11-19

メガネにコンタクト、近眼には必ずついてまわりますよね。

わずらわしいですよね。

視力を回復するには、「視力回復センター」や「レーシック手術」が

代表的ですよね。

「レーシック手術」は1970年にロシアから発信されました。

なぜか、日本を飛び超して今や欧米では、

レーシック手術を受ける人は数多くなりました。

今では、取り残された日本でもレーザーによる治療、「レーシック手術」は見直され、

浸透化しつつあります。

一生つきまとうメガネやコンタクトのことよりも、

一番の「見えない」との苦痛から解放されますからね。

話の解決が見出せない離婚が弁護士で一発OK!みたいな気分ですよね。

しかし、近眼にはそんな「もってこいな」手術なのに、なぜ、日本にはすぐに浸透しなかったのか?

「合併症や後遺症」「失敗」のリスクがあったからです。

今では、「失敗」と言われた症状も解明され、機器や技術も進化し普及しはじめたのです。

とはいえ、「合併症や後遺症」は個人によってはあります。

「レーシック手術」を行うと今後、「白内障」手術を受けることが困難になります。

レーシック手術により角膜に傷があるためにできないそうです。

そのような、今後の心配もある方は検討してから治療して下さいね。

 

 

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。