メガネに傷が・・・

2012-11-24

自分は、子供の時から視力が一回も下がったことはないのですが、

自分の子供がなぜか遠視が強いと眼科で言われて、これを治療するためには、

メガネをかけて強制的に視力を調整しなければならないと言われました。

 

その日は、どうするか決めるのでメガネの処方箋はもらわなかったのですが、

小学校などに入ってから極端に視力が落ちてからでは遅いと考えたので、

すぐにまた眼科に行ってメガネの処方箋をもらって矯正用メガネを作りに行きました。

何件かのメガネ屋にいって話を聞いたのですが、メガネは、フレームが高いのではなく、

レンズが高いということが初めてわかりました。

子供はまだ5歳なのでものの価値や扱い方が乱雑なので、

ガラスではなくプレスチックにしてもらったのですが、

メガネを購入してから1ヶ月ぐらいたった頃に

レンズに大きな傷があるのを見つけました。

 

当然、作り直した方がよいのですが、見えずらいってことはないようなので

そのままにしていますが、メガネをかけるときにフレームを広げてかけるので、

フレームがよく広がってしまってちゃんとメガネをかけることが

出来なくなってしまうので週末になると調整にメガネ屋に行っています。

 

債務整理を千葉で行っている友人の子供も同じように矯正用メガネを使用しているので、

よく体験談の話を聞いて勉強しています。

 

 

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。