遺伝とレーシック

2012-11-26

視力というのは遺伝も大きく関係しています。
そのためレーシックを受けて視力を改善させたとしても、
その改善された視力が自分の子供に
引き継がれるわけではありません。
そのためレーシックはあくまで
自分自身のためのものといえるのです。

相続を群馬で行う場合、たくさんのお金を家族のために
残しておきたいと考える人も多いことでしょう。
レーシックの場合、受ける時期が早すぎても遅すぎてもダメだと
考えられています。
そのため、いままで何十年も
眼鏡やコンタクトで暮らしてきたという場合は、
無理にレーシックを行わず、
その費用を相続に回すのも手かもしれません。

家系的に視力に悩まされることが多いと事前にわかっていれば、
自分の子供や孫の代に、その費用を用意してあげるのもいいでしょう。
中には眼鏡が気に入って、生涯眼鏡を利用する
選択をすることだってあるはずです。
特に眼鏡は、本人の表情をかえる特徴的なアイテムともいえますから、
気に入っているのなら無理にレーシックを選択する必要もないといえます。

もちろん、まだまだ賛否両論が多い方法といえますが、
一歩ずつ確実に安全性は高まっているでしょう。
レーシックを受けた人が相続問題を抱えるような年齢になった場合、
視力がどのように変化しているかによって、あらためて評価が
問われるようになるはずです。

 

 

 

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。