レーシックを受けるとなれない職業

2012-12-06

レーシックは安全性が次第に浸透してきてはいますが、

まだ世間的に完全に認められているとはいえないのです。

たとえばパイロットは、レーシック手術を受けていると

受験できないというリスクがあります。

視力が影響する職業は数多くありますが、眼鏡やコンタクトの使用で

矯正できるのであれば、問題ないこともあります。

しかしレーシックの場合は一時的な矯正ではないため、

まだ認められていないことが多いのです。

銀座の焼肉の店員など、それほど視力に影響しない職業ならば

問題はないでしょう。

しかし合併症もいくつか報告されており、手術後に

それらの症状で悩まされている人も多いのです。

これらはレーシックを行っていなくても

同様の症状が出る可能性がありますが、

レーシックを受けている人のほうが負担が大きいこともあります。

日々の仕事の最中にそれらが影響してしまうことは問題ですから、

なるべく目に負担をかけない職業を選ぶほうがいいかもしれません。

焼肉店などは、煙などが目をいためる危険性があります。

また小さいものを日々凝視するような職業だと、ドライアイや

視力低下の可能性もあります。

目は日々の生活においてもとても重要なものですから、目に負担を

掛けない職業というもの自体珍しいのかもしれません。

自分の将来のことを考えた上で、手術を行う

決断をすることが何よりも大事といえるでしょう。

 

 

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。