レーシック、簡単に考えていませんか?

2012-12-10

レーシックは簡単に視力を取り戻す方法として知られていますが、

その危険性はあまり知られていないようです。

レーシックの危険性はいろいろとあります。

まずひとつめは角膜にレーザーをあてる前に、

角膜に直接レーザーをあてるために、

角膜の表面を薄くスライスし、缶詰のふたのように開いてから

レーザーをあてるという手術があります。

この開いた角膜の表面ですが、レーシック手術のあとにきちんとふたをして経過を見るのですが、

このふたは完全にはくっつかないのだそうです。

つまりコンタクトレンズを半分だけはめたような状態です。

ただし、そんなに簡単にはこのふたはずれませんが、ボクシングなどで顔を強打する可能性がある場合には、

このふたがずれてしまうことがあるそうなのです。

 

スポーツなどを頻繁に行う方でレーシックを考えている方の場合には、

このふたを作らないでレーシックを行う方法があるようなので、試してみるとよいでしょう。

また松山にもレーシック手術を行えるところは多くあり松山のデリヘル嬢も利用しているようですが、

説明をきちんと行ってくれるところを選ぶのがベストです。

またレーシックの手術後に合併症がおこる場合もあり、きちんとした説明や検査を受けられるかを

確認するのが大切です。

簡単に視力は取り戻せますが、手術による危険性は一生続きますので、

慎重に行うのが何よりも大切といえるでしょう。

 

 

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。