性別でみるレーシックへの感心

2013-01-07

レーシックへの関心は、男性よりも女性のほうが多いと考えられます。

日本の女性は裸眼のスタイルが定番、男性は眼鏡をかけているのが定番・・・

というのが、なんとなく多くの人の頭の中に出来上がっているのかもしれません。

コンタクトやレーシックが増えてきた現代では、必ずしもこのスタイル増が当てはまる

というわけではありませんが、男性はやはり眼鏡をかけている人は多い印象があります。

眼鏡をかけていると、勉強が出来たり、仕事が出来たりと、

賢いイメージが強いのが影響しているのかもしれません。

女性の場合は賢さよりも、素の可愛らしさを求めるケースが多く、

裸眼スタイルが好まれるのでしょう。

中には、『メガネっ子』といわれるような、

ガネスタイルが特徴となることもありますが、

これも好みが分かれるようです。

上野の風俗などでも、基本的には裸眼スタイルの人が多いことでしょう。

ただ現代人は視力は決して良いとはいえませんから、

コンタクト使用率が高いかもしれません。

レーシックを受けることが出来ればさらに良いのかもしれませんが、

やはり危険性を考えるとなかなか踏み切れない人も多いはずです。

かつてはメガネでしか視力を矯正することが出来ませんでしたが、

今ではコンタクト、レーシックと、その種類も増えてきています。

選ぶことが出来るからこそ、慎重にじっくりと考える必要があるといえるでしょう。

 

 

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。