レーシック手術による危険性

2013-01-09

レーシック手術は成功さえすれば大きなメリットをもたらしてくれることになります。

しかし、成功したとしても様々な副作用が伴うこともあります。

例えば目がぼやけたりするハロ・グレア現象です。

これは暗いところで街灯などの明るいものを見ると

眩しく感じたり目がぼやけたりする現象のことであります。

これによって夜間時に街中を歩くことが困難になってしまうことも多いようです。

また、ドライアイなどの症状にかかったという報告もなされています。

ドライアイというのはパソコンなどの明るい画面を見続けることで

目が乾いてしまう症状のことです。

レーシック手術というのは目そのものを手術します。

このため手術を受けると目の表面が乾きやすくなってしまうのです。

ただし、ドライアイは日常でも起こりやすい症状ですので

しっかりとした対策を心がければすぐに治療させることができます。

レーシック手術を成功させたとしても様々な副作用が伴うこともあります。

このため視力が回復したからといって安心はできません。

また、視力を取り戻したからといってソファで横になりながら

携帯電話などの画面を操作していれば

すぐに視力が落ちてしまうことでしょう。

レーシック手術は成功した後こそ注意を心がけるようにしましょう。

 

 

 

 

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。