放って置いたら大変

2014-02-28

うちは、垣根が木で出来ています。
そのため、日々成長し枝を伸ばしていきます。
うちの周りは、道もそんなに広くないのでヘタに放って置くと道路のほうに伸びた枝が通行等の邪魔になりかねません。
周りを流れる水路によって多少は伸びてもひどい影響は出ないでしょうが、少なくとも見た目や落ち葉などを考えるとよくありません。
これは、他人だけでなくうちの家族にもいえることで、元々狭い門先での車の出し入れにも影響します。

なので、切るときには切らなくてはならないのですが、ときどきそれをするのが延び延びになってしまうときがあり、伸びてしまった枝を切るときに面倒が起きてしまいます。
例えば、伸びてしまった枝が太くなり、はさみでは切りにくくて片手持ちののこぎりを使わなくてはならないとか、その上、切るポイント周辺の葉が減ってしまっているために切った後そこがスカスカになってしまうことがよくあります。
他にも、大きく伸びた分の枝を切った後、大きすぎる場合はさらに細かくしないとうまくゴミ袋に入りません。
単純に、廃棄しなければならない枝葉の量も増えるため、家族数人がかりでかなり時間を使わなければならない羽目に陥ります。

まだまだ寒いですが、これから、春になり、それから夏へと向かっていくためまた植物が元気に伸びていきます。
今年こそ伸びすぎには気をつけていかねば、と深く心に刻む今日この頃です。

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。