視力を維持するための田舎暮らし

2012-10-13

緑の色は目にとても良いなどと言われます。

その理由として、光の波長が目に負担をかけないものだそうで、

見ることに対して人間も労力を必要とせずに見れるのだそうです。

そのため、疲労感が少なく、集中力を保つことができるのだそうです。

さらには、緑という色にリラックス効果があるとも言われており、

心理的にも負担が少ない色なのです。

 

そんな緑色も、都心部ではとても少なくなってしまいました。

温暖化対策などから、屋上緑化なども多くみられるようにもなりましたが、

ビルなどでは重心点が高くなってしまうことから、耐震性の低下も指摘されることもあります。

当然設計段階から考慮していればいいのですが、

後付けでやっているものの方が圧倒的に多いのも確かです。

 

目に負担がかかることから、田舎暮らしを選択する人もいらっしゃいます。

田舎にはとても緑が多く、空気もきれいなことからも、

目にかかる負担はとても少なくなるのです。

 

これは、レーシック手術をした人でも同じです。

視力が回復したからといって、酷使してもいいわけではありません。

回復できたのだからこそ、そこからさらに大事にすることも必要になってくるのです。

せっかく得られた視力なのですから、大切にしていきたいですよね。

 

 

 

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。