群馬の交通事故率と運転免許と視力

2012-10-19

視力と運転免許の関係を見たとき、あまりに視力が低い場合には、

免許が交付されない場合があります。

視覚によって判断することの多い車の運転では、

視力の制限は安全性を考えた場合に必然的な要素となるのも仕方ありません。

なにせ事故を起こせば、起こした本人も当然のことながら、

巻き込まれた人にも重大な被害を与えることになるからです。

そこで、レーシックなどの視力回復手術を考える人もいます。

当然効果も出てきますし、視力が低いよりは安全であることは間違いがありません。

レーシック手術をすることで、眼鏡使用の規制が外せることからも、

視力回復を運転免許の考えでは問題がないとしているわけです。

 

運転というものは常に危険性が付きまとっています。

群馬の交通事故の発生件数などを見ると、常に上位に位置しています。

人口に対する免許の所持率を加味して考えた場合に、

これが正当に評価できる数字化はまた別の議論としても、

人口に対して事故の発生率は高くなっているのです。

 

その中には、視力の悪い方も混ざっていますし、視野の狭い方も混ざっているはずです。

少しでも改善することで、防げた事故もあるかもしれません。

あくまでも仮定の話ではありますが、視野や視力と運転の関係は、

無視して済む話ではないと思っているのです。

 

 

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。