Archive for the ‘レーシックの歴史’ Category

なかなか知られていないレーシックの歴史背景

2012-06-03

メガネをかけたり、コンタクトをしたりすることは、精神的にも肉体的にも負担をかけることです。
特にメガネの場合は見た目にも違いがあり、それをコンプレックスとしている場合もあるほどです。

そのコンプレックスがゆえに、明るくなれないとか、様々なことを引き起こすこともあるのです。
そんな近視を治す手術がレーシックなのですが、日本ではあまり普及できずにきました。

元々、ロシアで開発されたレーシックは、手術という方法で近視を治せる画期的な方法としてあっという間に広まりました。
その起源は、日本の円錐角膜に対する手術から始まったといわれています。

ですが、この手術はとても高度な医療技術が必要なうえ、機器がまだまだ不完全だったころの手術方法で、約2割に後遺症が発生してしまう手術でもありました。
このために、日本では近視手術というもの自体が、とてもリスキーなものだと認識されてしまったのです。

今のレーシック手術はこのころの手術方法とは精度も全く違います。
過去に起こっていた後遺症の原因も今でははっきりしており、現代ではまず起こることのない後遺症となっているのです。
時代の変化とともに、それだけ安全性の高い手術として変わってきているのです。

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。