8月, 2012年

不満ばかりでごめんなさい、、

2012-08-17

育休中の保険料が免除となることは女性にとってはいいことですが、実際に休める女性はどれだけいるのでしょうか?
子育てをしながら社会復帰をするために体をOL時代の時のように戻すためにビューティーの悩みを持ちながら、子育てをしなくてはいけない状況で実際に育休中に会社で席があるかどうか分からないというのが本当の話で、実際に育休できるのは公務員だけで、一般のOLさんではまず無理な話でしょう。

ただ、厚生年金の保険料は現在は現在も子供が三歳になるまで育児休業休暇中は免除されていますが、原則的に産前6週産後8週の産休中に拡大をすることになりそうなのです。

開始は2年以内をメドにスタートする予定になっているそうです。
産休中は、健康保険から出産手当金として支給されるのですが、7割以上の会社は無給になるのが現状で不景気の中支給できないのが現実にあるのが、保険料免除で子供を産み育てやすい環境を作りたいのが本音らしいが、景気を上げないと根本は上がらない事だと感じてます

また自営業の国民年金には免除が無いので育休中でも育休のの
考え方が無いので、国民年金でも行わないと働く意思のある自営業の女性に対しても導入しないと意味が無いのではないのでしょうか。

私の知り合いのリノベーションの女性社長も、育休についての免除制度が無いことについて政治家・役人たちと現場の働いている女性との温度差があるのも事実である!と言ってました。
そこをしっかり考えないと女性の自立はまだまだしにくいと思います。

通勤の暑さ対策について

2012-08-09

通勤の暑さ対策はみなさんはどうされていますか?家を出てから駅まで歩いていく間に、ものすごく汗をかいてしまい駅に着いた時には汗びっちょりで
お化粧が崩れてしまい満員電車に乗った瞬間に冷房がきいていない車内でさらに汗をかいてしまい、ビューティーにおいては地獄のような日々が続いている
OLさんが多いと思います。また、汗をかくと自分の体臭というのも気になってくる方も多いと思います。女性のビューティーのお悩みが尽きないのが
この猛暑の夏だと思います。

また、通勤中の強い日差しの中で紫外線との戦いがあるのもOLさんの大変なところでお化粧崩れを防ぎながら、日焼け防止をしなくてはいけないという
厳しい戦いに挑まなくてはいけません。そんな女性の味方の日焼け止めファンデーションがあるんです。これはプロのサァーファーが考案した日焼け止めなので
紫外線対策や化粧崩れに対応していて、お化粧した上から使えるのがココサンシャイン45という日焼け止めファンデーションはお薦めですよ。小さい携帯サイズで
リップタイプだからかばんに入れて持ち歩けるからとっても便利ですよ!

OLさんのわき汗や腋臭も気になりますよね、特にニオイは自分で分からないことも多く周りの人たちが迷惑をするので本人も気になるところです。
香水を使う方も多いですが、使い方を間違えると体のニオイと合わずとんでもないニオイになってしまうこともありますので注意が必要ですね!
わき汗もパットがあるので上手に使って対応してくださいね。OLのみなさん夏の通勤頑張ってくださいね♪

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。