11月, 2012年

遺伝とレーシック

2012-11-26

視力というのは遺伝も大きく関係しています。
そのためレーシックを受けて視力を改善させたとしても、
その改善された視力が自分の子供に
引き継がれるわけではありません。
そのためレーシックはあくまで
自分自身のためのものといえるのです。

相続を群馬で行う場合、たくさんのお金を家族のために
残しておきたいと考える人も多いことでしょう。
レーシックの場合、受ける時期が早すぎても遅すぎてもダメだと
考えられています。
そのため、いままで何十年も
眼鏡やコンタクトで暮らしてきたという場合は、
無理にレーシックを行わず、
その費用を相続に回すのも手かもしれません。

家系的に視力に悩まされることが多いと事前にわかっていれば、
自分の子供や孫の代に、その費用を用意してあげるのもいいでしょう。
中には眼鏡が気に入って、生涯眼鏡を利用する
選択をすることだってあるはずです。
特に眼鏡は、本人の表情をかえる特徴的なアイテムともいえますから、
気に入っているのなら無理にレーシックを選択する必要もないといえます。

もちろん、まだまだ賛否両論が多い方法といえますが、
一歩ずつ確実に安全性は高まっているでしょう。
レーシックを受けた人が相続問題を抱えるような年齢になった場合、
視力がどのように変化しているかによって、あらためて評価が
問われるようになるはずです。

 

 

 

メガネに傷が・・・

2012-11-24

自分は、子供の時から視力が一回も下がったことはないのですが、

自分の子供がなぜか遠視が強いと眼科で言われて、これを治療するためには、

メガネをかけて強制的に視力を調整しなければならないと言われました。

 

その日は、どうするか決めるのでメガネの処方箋はもらわなかったのですが、

小学校などに入ってから極端に視力が落ちてからでは遅いと考えたので、

すぐにまた眼科に行ってメガネの処方箋をもらって矯正用メガネを作りに行きました。

何件かのメガネ屋にいって話を聞いたのですが、メガネは、フレームが高いのではなく、

レンズが高いということが初めてわかりました。

子供はまだ5歳なのでものの価値や扱い方が乱雑なので、

ガラスではなくプレスチックにしてもらったのですが、

メガネを購入してから1ヶ月ぐらいたった頃に

レンズに大きな傷があるのを見つけました。

 

当然、作り直した方がよいのですが、見えずらいってことはないようなので

そのままにしていますが、メガネをかけるときにフレームを広げてかけるので、

フレームがよく広がってしまってちゃんとメガネをかけることが

出来なくなってしまうので週末になると調整にメガネ屋に行っています。

 

債務整理を千葉で行っている友人の子供も同じように矯正用メガネを使用しているので、

よく体験談の話を聞いて勉強しています。

 

 

見えるリスクと見えないリスクどっちがいいのか?

2012-11-20

メガネにコンタクト、わずらわしいなぁと感じてしまうことがあります。

しかし、何もなければ見えないし困ったものです。

日常はコンタクトにしていますが帰宅するとすぐにはずします。

そのときの「すっきり!爽快感!」それだけ目に負担もかかり疲れているのでしょうね。

とはいえ、裸眼ではテレビもPCの文字も見えづらい。

メガネをかけている自分の姿を見ても確かに「ダサい」。

 

コンタクトが破損してしまい、購入している間もなく(フル装着なので)

会社にメガネをかけて出社時の事。

いつもとやはり雰囲気が違ったのでしょうね。不評でした。

メガネひとつで他人からは違う印象なんだなと思うと何だか複雑な心境ですよね。

結局はメガネが似合ってない!でしょ。

自分でも慣れないメガネでは作業もしづらく、頭も痛くなってくるしで。

 

友人の一人にはレーシック手術を受け視力回復した人がいます。

手術後は見える視力に慣れるまで、頭痛があったとのことでした。

今では、見えて当たり前に慣れたので頭痛もないとかで。

そんな、話もあり海を見ながらインプラントを神戸でやったばかりの友人と

ランチして思いました。

見える、食べることのありがたさを感じなければなと。

レーシックやインプラントも考えてみようかなと思うこの頃です。

 

 

見えることへの何を選択するか。

2012-11-19

メガネにコンタクト、近眼には必ずついてまわりますよね。

わずらわしいですよね。

視力を回復するには、「視力回復センター」や「レーシック手術」が

代表的ですよね。

「レーシック手術」は1970年にロシアから発信されました。

なぜか、日本を飛び超して今や欧米では、

レーシック手術を受ける人は数多くなりました。

今では、取り残された日本でもレーザーによる治療、「レーシック手術」は見直され、

浸透化しつつあります。

一生つきまとうメガネやコンタクトのことよりも、

一番の「見えない」との苦痛から解放されますからね。

話の解決が見出せない離婚が弁護士で一発OK!みたいな気分ですよね。

しかし、近眼にはそんな「もってこいな」手術なのに、なぜ、日本にはすぐに浸透しなかったのか?

「合併症や後遺症」「失敗」のリスクがあったからです。

今では、「失敗」と言われた症状も解明され、機器や技術も進化し普及しはじめたのです。

とはいえ、「合併症や後遺症」は個人によってはあります。

「レーシック手術」を行うと今後、「白内障」手術を受けることが困難になります。

レーシック手術により角膜に傷があるためにできないそうです。

そのような、今後の心配もある方は検討してから治療して下さいね。

 

 

レーシックの危険性の認識と企業の弁護士

2012-11-17

レーシック手術は、なかなか実現が難しかった視力を回復する手段の一つとして、

海外ではとても認知度の高い手術になってきています。

そのため、こういったことをしないで視力が低いということは、

何も対処していないと同義だなどといわれることがあったりするものになってきました。

特に危険性などを指摘しても、反論の的にされることも多くあります。

実際には手術の危険性よりも、技術的な安全性の問題や衛生の問題が多くあったりします。

こういったことは、レーシックの危険性ではないと言われることもありますが、

一般の手術などではありえない問題であり。

如何にレーシックということに対して日本の企業が追従できていないか

ということにもなってくるのです。

こういった場合に事故が起きたらどうするかということでは、裁判になるケースもあります。

企業の弁護士と示談になる場合も多く存在するため、あまり表ざたにはなってきていませんが、

数は少ないのですが大きな裁判になることもあります。

こういったことからも、安心して受けられるようなところで、

レーシックの手術は受けなければいけないということになるのですが、

ただ単純に安価だということで、安全性も評判も確認できていないような

怪しいところで受けたりしてしまうケースが多いのが現状でもあるのです。

 

 

レーシックに踏み出せない一番の理由は?

2012-11-12

視力が悪くて特をすることは一切ありません。

最近ではコンタクトもメガネもとてもお手軽価格で提供されるようになり、

コンタクトなどはインターネットFAXで購入用紙を送っておけば、

すぐに店頭で受け渡してくれるところもあります。

 

視力が悪い人にとって、毎日の生活に欠かすことの出来ない

必需品であるコンタクトやメガネですが、

内心では出来ればしたくないと思っている人がたくさんいます。

とくにスポーツをする時や夏の汗をかく時期はメガネが邪魔に感じることが

とても多いのです。

ゴルフのグリーンでもビリヤードでも少し下を向く時は、

メガネとの間になってしまってよく見えないこともありますし、

温泉や銭湯などでは、メガネをしたままではないと

周りがよく見えないので、掛けたまま入ることもあるのです。

 

このようにコンタクトやメガネが必要な視力の悪い人は、

いつか煩わしさから解放されて、裸眼で生活をしたいと思っています。

そこで開発された視力回復手術レーシックの登場は、衝撃的でした。

もうあれからすでに10年以上の歳月が過ぎて、機械の性能や技術、

症例の数もかなり増えていると思いますし、

手術費用も当時から考えるとかなり安くなっていると思います。

しかし、コンタクトやメガネの人が、なかなかレーシックに踏み出せないのは、

まだ周りで手術した人が少ないことや悪い噂が先行しているだけでなく、

20年、30年後の結果がまだわからないことへの不安があるからだと思います。

 

 

レーシック手術の失敗は群馬で交通事故に遭うよりも確率が低い!?

2012-11-10

視力を矯正する「レーシック手術」ですが、興味は持つけれども

実際に怖くて手術を受けられないという人も多いようです。

レーシックは、レーザーを当てて角膜を削り、

目の屈折率を矯正して焦点を合わせる手術です。

一番の心配は、手術に失敗して失明しないかという点が挙げられると思いますが、

失明したという症例は今のとこありません。

ただし、残念ながら、手術の成功率は100%とは言えないのです。

手術後、感染症を引き起こしてしまった、ドライアイになってしまった、

視力が元に戻ってしまったというケースが稀にあります。

レーシックは、安全な視力回復手術と言われていますが、

このようなリスクも頭に入れておかなければなりません。

手術を考えている人は、病院選びを慎重に行い、

信頼出来る病院で手術を行うようにしましょう。

料金が安いからなど、簡単な気持ちで病院を選ぶのは危険です。

手術が失敗することがあるとは書きましたが、ほぼ99%は手術に成功しており、

人生で交通事故に遭う確率よりもずっと低いのです。

そう考えると、不安もだいぶなくなりますよね。

確かにリスクはありますが、成功した時のメリットは非常に大きいのがレーシックです。

眼鏡やコンタクトに頼らなくても日常生活を送れるというのは、非常に魅了的ですよね。

群馬に住む知り合いは人生で3度も事故に遭っており、

「交通事故に群馬で遭う確率より低いって言われても説得力がない」なんて言いそうですが。

 

 

ヘアアレンジと眼鏡の関係

2012-11-09

稲田堤で美容室にいった場合には、
そのときのメイクや服装などにあわせて
最後にワックスやスプレーなどをしようして、
髪型をセットしてくれるはずです。

比較的夜遅い時間などに美容室に訪れた場合は
シャンプーをしてもらって
後は帰って寝るだけのこともあるでしょう。
そういった場合はスタイリング剤を
何もつけないようにしてもらうことも可能です。

美容師さんが髪型のセットをする場合には、
眼鏡をしているか、していないかによっても
大きく変わってくるはずです。
眼鏡をしている場合でもその眼鏡の形によって
表情が異なって見えますから、
微妙にセット方法は変わってくることでしょう。
最近は度が入っていないオシャレを目的とした眼鏡も
増えていますから、場合によっては
度入りのコンタクトをした後に
オシャレな眼鏡をするのもいいでしょう。
眼鏡をかけた状態で美容室に行き、
コンタクト時にあう髪型をお願いしてしまうと、
一時的に自分自身が眼鏡をはずさなければいけないこともあります。
そうなると自分の髪型がチェックしづらくなってしまうでしょう。

レーシックをすれば度の入ったコンタクトや眼鏡の
お世話になることはなくなるはずです。
しかし費用は高いですし、まだまだ安全性も不安な方も多いはずです。
確かに裸眼で色々なものが見られれば
とても嬉しいことではありますが、
メリットとデメリットは少なからず、
すべてのものに存在しているということを知っておく必要があるでしょう。

 

 

家でのテレビ

2012-11-06

11月になりだんだん寒くなってきました。

寒くなってくると、外出するのをちょっとためらってしまいます。

実際、最近では、外出することが少なくなくなってきて、

家でテレビを観る習慣が続いています。

今は、あまり観る機会が少なくなりましたが、

欽ちゃんの仮装大賞は面白かったですね。

最近では、スマップの香取君が司会をやっていましたよね。

バニーガールの人が出てきて演目を発表して、

審査員が点数を入れて、合格か不合格かを観るやつです。

結構、お情けによって点数を入れる場面もあったりしましたよね。

本番では失敗したりする場面もあって、それもまた面白かったですね。

実際、本番だけでなく、訓練をしているドキュメントを観たりすると、

なおさら感動してきます。

途中であきらめようとしている人を、先生がいい言葉で説得したり、

仲間がお前しかいないんだとかいうセリフを聞くと、

こちらも感動してしまいます。

みんなが、必死になって一つの事に取り組むというのは、

本当にすばらしいことですね!!

私が、今まで印象に残っているのは、

海の波を大勢で表現したものが特に残っています。

このような学芸会を観ることができる番組は、本当に少なくなりましたからね。

また、いつかやってくれないかなと思いました。

衛生環境を考えたときのレーシックやネイルスクール

2012-11-05

ここ数年来、目に見えないような細菌などを考える話題が増えたと思っています。

それは、見えるようなものが、実はそこまでの恐怖の対象などではなく、

実態が自分の目で見えないものこそ、恐怖の対象なのだということだと思っています。

暗い場所であったり先のわからないものは、とても恐怖感をあおりますから。

レーシックなどの不安感もそうです。

視力はよくなるが、それ以上に衛生の問題が指摘されたりしています。

その原因は無資格医療などもあったりしていますが、

それ以上に予後の指導の問題もあったりするわけです。

レーシック自体の問題というよりも、信頼できるところを

選ぶ必要の問題であったりするわけです。

これはなにもレーシックなどの問題だけではありません。

ファッション的にも当たり前になりつつある、ネイルケアなども同様の問題を抱えています。

施術者の技術不足もさることながら、知識不足もあります。

資格もこれといったものが必要ないために、趣味の範囲から独立する人もいます。

国家資格でなくともネイルスクールなどに通ってとった資格を提示してあるということは、

全くないよりも安全だということになるのです。

衛生的な問題などは、個人的な勉強だけではクリアできない部分もあるからです。

ネイルの勉強はしても、細菌や衛生の勉強は畑違いの勉強で軽く流しかねないのです。

 

 

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。