2月, 2013年

レーシック仲間と美顔器ミニキュアの話題に!

2013-02-16

レーシック経験者の友人と食事をしたときに美顔器ミニキュアの話題で盛り上がりました。まだ、使用したことはないんですけどね。
三十路になるとお肌のことが気になります。お肌関係にかぎらず、エステ系のグッズって大好きです。

新しいものを試すときは、すんごいわくわくします。これまで買ったエステグッズは数しれず。まあ、たくさん買っている分だけ失敗したことも多いんですけどね。何を失敗するかって、ランニングコストです。どんなものも初めに買うときはちょっとくらい高くてもいいんです。エイって一度に払いきってしまうから。でも消耗品が高いと、ついつい使わなくなってしまうんです。使うときもケチケチしちゃって...。

なんとなくそういう自分が貧乏くさくて、嫌になって、機械ごと放り出してしまいます。なので今回ミスト美顔器を買うにあたり、一番気にしたのは、消耗品である化粧水が安く手軽に手に入るということです。安いのも大事ですが、なくなった時に簡単にお店で買えないと、これまた面倒で続きませんから。エステグッズは継続が大事でしょう。

そういうわけで購入したのが、無印良品の超音波うるおいハンディミストですいやー、これ本体が安かったです。ハンディタイプで小さいっていうのもあるんでしょうけど、それでも3000円しないっていうのは日常使いに最適。ああ、ありがたい。かんじんの専用化粧水も1000円。コスパがいいですね。無印なら近所の大手スーパーにあるんで、これも即決ポイントでした。実際使ってみると、おお、うるおうわー。使い方も簡単。なにしろスイッチは1個しかないです。間違えようがない(笑)。スイッチを押すと30秒間ミストが出てきます。直接化粧水で塗れるわけじゃないのに、ぱりぱりした皮膚がしっとりします。難点は吹き出し口がちゃんと乾燥していないと、ミストが出てこないことがあるんですね。だから使い終わったらきちんとティッシュで拭いて、使用前にもちゃんとドライ。これでミストが出ないということはなくなります。

クチコミとか見ていると、専用化粧水でなく水でもいけるという人もいます。化粧水を切らしたら、試してみます。美顔器ミニキュアも今度、試してみたいですね。

レーシックも良いですが、タイ古式マッサージの良さを知ってほしい

2013-02-11

つい先日、タイのバンコクに行ってきました。
タイに行ったらやはり格安なマッサージを存分に味わうのが醍醐味。
私が行ったお店はBTSのプラカノン駅からオンヌット駅方面に徒歩5分ほど歩いたところにあるお店です。名前は忘れてしまいました。
私が行ったのは夜19時頃でしたがフットマッサージをしている人が4、5人いました。
他の店でもフットマッサージを受けている人は常にいます。
安く手軽にできることもあり、観光客には必須なのでしょう。
今回、私のチョイスは帰国後に目黒のタイ古式マッサージに通うきっかけとなったタイ古式マッサージ。60分で200バーツ(約600円)です。
安いですね!
身体をゴキゴキ言わせてみたい!と興味津々でした。
受付をしてくれた35歳前後の綺麗な女性に二階の部屋に案内され待つこと3分ほど。
60歳くらいのおばさんが登場!受付してくれた女性がマッサージも担当してくれたほうが内心嬉しい気もしていたのですが現実はそう甘くなかったです。
考えてみると古式マッサージともなれば熟練の技が光るってものでしょう。
気を取り直しておばさんに期待がかかります。
ゆっくりしたマッサージから始まりますが、足の裏のマッサージは少々苦手でつい痛がってしまいました。
プロレス技のようにがっちり組んでひねるようなアクションはあくまで一部であり、多くはゆっくりと身体をほぐすようなマッサージでした。
タイ古式マッサージは翌日の状態で良さが分かるはずですと言われました。
マッサージが終わり、お茶をいただきながらオーナーさんと少し談笑。日本語が少しできました。
タイの人は少しだけでも日本語を話せる人がずいぶん多いです。時間も忘れそうなくらいまったりとしてホテル戻りました。
さて、翌日、身体が軽いことに気づいてびっくり。目覚めも爽快でした。よいマッサージ師に当たったということでしょうか。
すっかりタイ古式マッサージのファンです。その後もすぐ別の店に行ったくらいです。何より安いので気軽にトライすることをおすすめします。

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。