5月, 2013年

コレステロールが高いことでの危険性をレーシックにも危険があるようにまずは知ろう。

2013-05-28

コレステロールが高くなると、動脈硬化を引き起こす可能性があり、命の危険にさらされることもあります。
そのため、コレステロールが高い人はできるだけ下げるようにしなければなりません。

サプリなどもありますが、まずは生活習慣を見直して日々の生活を改める必要があると思います。食生活を正してから、コレステロールを下げる健康食品を利用するといいでしょう。

コレステロールを下げる食事、食生活を考えてみると一日の食事の摂取量が増えてしまうと、どうしてもコレステロールの摂取量も増えてしまうのです。

まず、自分の体重、身長、運動量から正しいカロリーを導き出し、その中でも、コレステロールを下げる食品やコレステロールが少ない食品を選ばなければなりません。
こんにゃくや、大豆、また食物繊維を豊富に含む食品はコレステロールを下げやすいといわれていますので、これらを積極的に取り入れましょう。

そうすると、自然と和食になるので、カロリーも抑えられるのではないでしょうか。
そして、生活習慣で大事なのが運動と喫煙の習慣があるかどうかです。

適度な運動はできれば、ウォーキングを毎日少しずつでも行うのが理想的ですが、そこまでいかなくても例えば今までより一駅多く歩く、エレベーターでなく、階段を使うなどがあります。

毎日の生活のちょっとしたことで改善の余地があると思います。

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。