6月, 2013年

戸建ではなくマンションへの太陽光発電のメリットとは

2013-06-21

マンションの場合、戸建てと違って高層の場合が多く、共有部分も多いですよね。
その為、エレベーターや自動ドア、廊下やロビー部分の照明で電気を使うのはもちろん、水道から出る水も電気を使って汲み上げている場合が多いです。

こうなると、怖いのは停電です。
停電した際に、エレベーターの中にいたら閉じ込められてしまいますし、自動ドアも自動では開かなくなります。
夜でしたらロビーや廊下も真っ暗になりますし、一番困るのはお手洗いです。
電気で水を汲み上げている場合、停電してしまいますと、トイレの水は流せなくなります。
お風呂場に残り湯を残しておけば、しばらくはそれを使えますが、残り湯を使うのには結構な労力が要ります。
しかも、それが夜間の停電の際には相当、骨の折れる作業になります。
停電がどれくらい続くのかにもよりますが、とても不便を強いられることになります。

そこでマンションに太陽光発電があったらどうでしょう。
勿論、夜間の発電には期待はできませんが、日中蓄えたものを停電時の夜、使えるるとしたら心強いですよね。
マンション全体の電力を確保できなくても、最低限、水を汲み上げるくらいの電力が確保出来れば、生活していく上で、最低限のことはできます。
停電はいつ起こるかわかりません。
備えあれば憂いなしです。

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。