11月, 2013年

巻爪になり気づいた事

2013-11-13

よく、おじいちゃんや、おばあちゃんなどの爪が深く、くい込んでいたり
巻いていたり、している様子を見ていたことがありました。

当時は、なぜこんなふうになっているのかが、理解できませんでした、と言うのも
見るお年寄りの爪は、若い私たちとは違う形状でしたから、どうして爪の形や、その

様子が違うのかが疑問でした、しかし自身が年齢を重ねるうちに爪の形にも変化が
おきたんです、爪も年を取るのかななんて思いましたが、徐々に徐々にその形の変化は
大きくなりました、現在では巻爪のようになってます。

爪も固くなりました、正直なってみて感じた事ですが、巻爪は痛いの一言です、特に爪を切る
時なんか、こんなに苦戦しながら爪を切るのかと思うくらいなんです。

巻爪になり、どうしてこうなるのか考えました、個人的に思ったですが、人間は歩きます
歩き続けた年数分、(足であればですが)足の指先にも付加が加わりその体重の重さが
押さえつけ段々と爪が中に食い込み、巻いてくるんだなと自身は結論を出したんです、別に

どこで、調べたわけでもなく、単純に考えてみるとそうなるんだと思います。これは
個人的な感想なのですが、こうなると年数、時間により生じていることだとしたら

この先、巻いていく一方だと思うんです、そのうち今使用している普通の爪切りでは
対応できなくなる時期も来るかもしれません、今でさえ、爪を切る際に結構痛い思いを
しているのに、この先どうなるのか今から少し不安に感じている所です。

Copyright© レーシックの危険性をまずは知ろう All Rights Reserved.

レーシックを理解することでリスクを軽減する必要があるのである。